いぼで困ったら美容外科で治療してもらおう!|丁寧に対応してくれる

悩みは施術で解消できる

医者

施術に向けて心得よう

いぼでお困りなら、医療機関で治療を受け、除去してしまうのが一番確実です。いぼは身体の様々な部位に出現しますが、できる限り跡を残さずきれいに除去したいのは誰でも同じです。確かな治療を望むなら、各地域で展開している美容外科を利用することをおすすめします。美的医療を専門としている施設であれば、くぼみや赤みを残さず確実に除去してくれるでしょう。美容外科では、炭酸ガスレーザーによる焼灼施術が主流となっており、大きさによってはメスによる切除手術も用いられます。3ミリ4ミリ程度の直径であれば、炭酸ガスレーザーによる治療で除去することが可能です。麻酔を施し、レーザーのエネルギーで患部を蒸散させ、跡を残すことなく除去してくれます。一度の照射で除去可能なことも多いため、身体的負担も費用的負担も抑えることができます。5ミリを超えるいぼとなると、外科的治療が必要になりますが、メスで除去する場合にも跡が残る心配はいりません。どちらも一定のダウンタイムが必要になりますが、傷跡が落ち着くまではメイクで十分なカバーができます。医療機関でいぼ治療を受けることがない方は何かと不安になるものですが、美容外科なら丁寧に対応してくれるので安心です。美容外科では施術前に必ずカウンセリングを設けており、治療内容や料金について詳細に説明してくれます。利用者側も気軽に質問できるので、気になっていることがあれば事前に質問をまとめておくと良いでしょう。また、カウンセリングの際には治療日時を決める必要もあるため、しっかり日程のめどを立てておくことをおすすめします。そして、炭酸ガスレーザーによる施術でも、切除手術でも、顔のいぼを除去するなら当然メイクを落とした状態で受けることになります。治療前すぐに落とせるよう、できるだけメイクは薄く施しておくのもおすすめです。治療後は専用の医療テープで患部を保護していくことになります。施術直後は、特に摩擦や圧迫に注意して過ごすことが大切です。3日から1週間待ち、患部が乾燥してかさぶた状になれば、直接メイクを施すことも可能になります。美容外科なら確かな医療が受けられるため、いぼでコンプレックスを持っているなら検討してみましょう。

看護師

レーザーで除去する場合

脂漏性角化症のような加齢性のいぼは、小さければレーザー治療となる場合が多いです。エルビウムヤグレーザーの場合は照射部位を冷やしてから照射し、再度冷やしたら軟膏と保護テープを貼って終了です。2週間くらいは保護テープを貼って過ごします。

ボディ

気になる種類と特徴のお話

肌のトラブルのひとつにいぼがあります。いぼの原因や症状はさまざまです。そのままにしておけば治ってしまうこともありますが、治療が必要な場合もあります。いぼの種類と特徴を説明しながら、医療機関の受診について考えてみます。

カウンセリング

だからこそ美容整形外科へ

いぼは病院で治療できますが治療範囲はいぼだけで取り除いた跡などは対象外です。美容整形外科は美しさを追求する機関であり、治療跡を残さない様に尽力してくれます。自分に適した方法を医師と一緒に検討していくので、医師と予定を合わす事が必要です。

顔に触れる女性

一日も早く消し去りたい

美しい女性にとって、いぼは邪魔もの以外の何物でもありません。一日も早く処理したいと考えるのでしょうが、第一には病院選びが大切と言うことです。治療における費用の問題もありますが、医師の技量も大切なものと考えるべきです。

医者

安心の為に必要な事

いぼの治療を美容医療クリニックでと決めた場合、クリニック選びから始まります。どこでも同じではなく医師の技術や経験に差は必ずあります。その為、いぼ治療の症例数が多い機関が信頼できると言えます。しかし在籍している方全てがベテランとは限りません。